更年期障害にも効果のある漢方薬二至丹」(にしたん)



   二至丹は旱蓮草(かんれんそう)と女貞子(じょていし)という生薬が配合された漢方薬です。

   「二至丹」の二至とは、旱蓮草は夏至に、女貞子は冬至のころに採取すればよいと言うことで

   名前がつけられました。



  【旱蓮草(かんれんそう)

 

  中国ではオトギリソウ科のトモエソウ、キク科のハマグルマも旱蓮草

 (かんれんそう)と呼ばれています。

  成分はウェデロラクトン、タンニンで、肝腎の陰を補うことができるので

  肝腎陰虚による頭のふらつき、目のかすみ、病的白髪にも用いられて

  います。


  清熱涼血、止血、吐血、喀血、血尿、血便などさまざまな出血にも

  使われてきました。



  【女貞子(じょていし)


 中国原産の常緑小高木で、日本では庭木や垣根によく利用されていて

 初夏に白色の房状の花を咲かせ、果実は晩秋~冬頃に熟黒紫色に熟します。

 「ニョテイシ」とも呼ばれ、晩秋に成熟した果実を水洗い、日干しにして

 様々な処方に配合されます。トリテルペン、マニトール、脂肪酸など含有。

 漢方では「肝腎要(かんじんかなめ)」の肝と腎を補う作用が強いので、

 足腰の老化や白髪、視力低下などに人参や地黄などと倶に処方されて

 用いられます。

 女貞子を漬け込んだ果実酒は、滋養強壮の薬用酒になります。葉には

 消炎鎮痛作用があり、葉を炙ってから皮膚のできものや火傷に貼り付け

 たり、また浴剤にも用いられます。


 □果実は強心、利尿、緩下、強壮、強精薬として用いられます。

  とくに、内臓の諸器官を丈夫にし、肝臓、腎臓、腰膝を強くし、

  精力も養い、若白髪、月経困難にも効き目があるとされています。

 □樹皮は解熱と抗マラリア薬として、かぜの熱に効き目、葉には、抗菌作用が

  あり樹皮と同様に解熱の目的で用いられています。茶材として用いると

  胃潰瘍にも良いとされます。

 □眼科では力が減退する、目がかすむなど、これは肝腎陰虚の症状があるとされ

  中心性網膜炎や老人性白内障の初期に枸杞子(くこし)と六味地黄湯

 (ろくみじおうとう)を配合しています。



◆肝腎陰虚による口苦、口渇

◆かすみ目、めまい、頭のふらつき

◆のぼせ

◆睡眠障害、多夢

◆倦怠感

◆不正出血

◆遺精夢精

◆皮膚カサカサ

◆白髪、早老傾向

などに応用できると考えられています。

    ◆ 二至丹 原材料 ◆

 

  安心してご購入いただくため、原材料表示を掲載しております。


 

イスクラ産業の商品はお問い合わせ頂いてからの販売になっております。

お気軽にお問い合わせください。

 

ふほうとうきこう 婦宝当帰膠 購入 販売 通販 トウキ ブクリョウ オウギ 甘草 イヌイ薬局 乾マリコ 乾康彦 中医薬膳漢方研究所