不妊治療,子宝,改善,女性不妊,妊娠,赤ちゃん,病院,成功事例

  私たちが今までご相談を受けた方の90%余りが、

  それまでに、なんらかの不妊治療を受けた方なんです。

 

  女性は生まれつき妊娠する能力を持っていて、

  本来、ひとりの女性が持つ卵子の数は、今も昔も300万個と言われています。

  毎月の排卵の数は 5〜10個程度。

  自然の摂理で考えると、誰もが赤ちゃんを授かれるはず。 

  でも、現実に赤ちゃんができなくて悩んでいらっしゃる

  ご夫婦は日本全国で40万とも言われています。

  その現状を統計的に見てみると、

  平成22年の総出生児数の2.7%にあたる28,945人が体外受精の新生児、

  平成23年度の特定不妊治療助成の対象件数112,642件にのぼります。
   *平成25年度厚生労働省「不妊治療をめぐる現状」より

  妊娠できない理由には、いくつもの原因があります。

  その原因をきちんと知って、対処していくことで、

  不妊症は克服することができるんです。

不妊,不妊症,原因,改善,治療,漢方,イヌイ薬局,中医薬膳漢方研究所 

  

   不妊の原因を大きくわけると、

   女性不妊と男性不妊にわけることができます。

不妊,原因,改善,治療,漢方,女性,男性,中医薬膳漢方研究所

 

WHO(世界保健機構)の不妊症原因調査では、
男性のみ24%、女性のみ41%、男女とも 24%、

原因不明11%と報告されています。

統計的に言うと、男性不妊48%、女性不妊 65%、

夫婦ともに原因があるのは24%と いうことになります。

女性の不妊のお悩みについてはこちら↓

不妊,原因,改善,治療,漢方,イヌイ薬局,中医薬膳漢方研究所 女性不妊

男性の不妊のお悩みについてはこちらから↓

男性不妊,不妊治療,原因,改善,治療,相談,イヌイ薬局,中医薬膳漢方研究所

予備知識,不妊治療,原因,改善,治療,おススメ

 

不妊治療の条件は、年齢で変わっていきます。

高齢出産が30から35歳に引き上げられて、

少し安心されている方もいらっしゃるかもしれませんが、

卵巣で作られる卵子の質や子宮などの状態は

年齢と共に変化していきます。

 

20代に比べると35歳を超えた受精率は

2分の1ほどになってしまいます。

年齢がすすむごとに受精・妊娠・出産率が低下していくので、

同じ不妊治療や検査も、その方の年齢に合わせた条件で

考えていかなければなりません。

 

できるだけ、早く相談・治療するのが、いいですね。

相談,薬剤師,中医学,不妊治療,原因,改善,治療

不妊治療,期間,費用,治る,漢方
妊娠までの期間,グラフ,平均25ヶ月,不妊治療,イヌイ薬局,中医薬膳漢方研究所
不妊治療費,平均,費用総額,治療期間

 

不妊治療の開始から、妊娠までの期間は

平均で25ヶ月。約2年。

また、治療別で見ると、高度不妊治療によって妊娠した人の場合、「体外受精」で妊娠した人の平均治療費は134.2万円。

平均治療期間は29.2カ月。 「顕微授精」で妊娠した人の平均治療費は166.6万円、平均治療期間は32.3カ月でした。

治療費は、やはり治療期間が長くなればなるほど高くなります。

治療費の平均は140.6万円。

不妊治療をする時には、この期間と費用を考えて夫婦できちっと話し合った上で、のぞみましょう。